『仰げば尊し』第4話視聴率は9.9%

TBS日曜ドラマ『仰げば尊し』の第4話視聴率は9.9%と前回と変わらない数字でした。
これまで、不良たちがメインの話でしたが、今回は井川(健太郎)がメインのストーリーでしたね。
この手の話を待ってたんですよ。こういう言い方をするとアレだけど、ヤンキーって一度信頼関係を築くと強い絆を持ちますが、一般人はそうはいかないですから。

だってさ、青島(村上虹郎)達だって、最終的には自分の意思かもしれないけど、樋熊(寺尾聰)がしつこく勧誘しなければ、吹奏楽部に入部してないと思うんですよ。
不良グループをえこひいきしてるって思われても仕方ないくらいですもんね。
新参者の先生に、好きなようにされて、自分たちの居場所を汚されたら、そりゃぁ腐りますよ。
高杢(太賀)にあんなにハシャがれちゃったら、やってられないですよ。
自分の方が辞めちゃおうかなって思ってもおかしくないくらいだとボクは思います。

それから井川の父親。「音楽なんてやめて勉強しろ」っていう父親って…。
医者や社長を想像していまいます。

受験に失敗した明宝高校と合宿なんて、井川も気の毒ですね。早速、中学時代の同級生に嫌味いわれるし…。
そんな感じで、合宿というか、みんなの空気にイマイチ乗りきれてない井川に、青島は気付くんですよね。
けっこういい奴ですよね青島って。
最後に井川のためにバスの前に立ちはだかるところもカッコよかったですね。

仰げば尊し-4話1

「樋熊の…先生の話がまだ終わってねぇだろっ!」さらに、木藤良(真剣佑)の「どいたら井川が悪者になっちゃうよ」って、カッコ良すぎです。
隠し子いたっていいじゃん別に!

樋熊が不良たちだけじゃなく、自分を含め、みんなのことをちゃんと見てくれていると知った井川。
樋熊が変更した編成に素直に従うシーンも何かグッときましたね。

仰げば尊し-4話

「木藤良先輩、席を変わってください。」
「いいよ。」
一生付き合える仲間に、一歩近づいた感じですね。

ところで、井川が受験に失敗した吹奏楽の名門・明宝高校ってどんな高校なんでしょうか?
これからライバル視されていくと思いますが、偏差値は高いんでしょうか?
ヤンキー高校の不良たちより、名門校の不良というか素行の悪い生徒の方がタチが悪かったりするんですが、小池(泉澤祐希)の行動は小物感が半端ない。
先生の利用の仕方がショぼいですね、切り札の写真をすぐ使うあたりとか…。
美崎よりは偏差値が高いけど、超進学校っていう感じではなさそうですね。

その明宝高校が早速、問題にしてきましたね。
樋熊の病気のこともありますし、次回はコンクール出場をめぐるお話になりそうですね。
それから、渚(石井杏奈)の家庭の事情にも触れそうですね。