人気コミックのドラマ化『東京タラレバ娘』

日本テレビ系列水曜10時枠の1月スタートのドラマは『東京タラレバ娘』に決定しました。
東村アキコさんの人気コミック「東京タラレバ娘」のドラマ化です。
主演は吉高由里子さん。その親友に、榮倉奈々さん・大島優子さんと豪華なキャストです。

『東京タラレバ娘』あらすじ

「タラレバばかり言ってたらこんな歳になってしまった」
脚本家の倫子(吉高由里子)は、恋も仕事もうまくいかず、同じくアラサ―独身女子の香(榮倉奈々)、小雪(大島優子)と焦りながらも「女子会」を繰り返す日々。
「キレイになったらもっといい男が現れる!」
「好きになれればケッコンできる!」
そんな話しばかりしていると、突然、年下の金髪イケメン男子に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまい…。
ハタと現実にブチ当たる!厳しい現実だけど真実。
頑張ってないわけじゃないけど、まだ幸せに辿り着いてない。
女子のリアル満載の共感度100%ドラマ。

主人公のタラレバ娘に吉高由里子さん

吉高由里子さん演じる鎌田倫子は独身、彼氏ナシの30歳。
職業は脚本家でネットドラマを書いている。
「花子とアン」以来、久々のドラマ出演です。

主人公の親友に榮倉奈々さん

榮倉奈々さん演じる山川香は倫子とは高校時代からの親友。
職業はネイリストで、元彼は人気バンドBUMKEY’Sのギタリスト。
結婚後、初のドラマ出演です。

もう一人の親友に大島優子さん

大島優子さん演じる鳥居小雪も、倫子、香とは高校時代からの親友。
3人の女子会が開催される居酒屋「呑んべ」の看板娘。

原作は同名マンガ「東京タラレバ娘」

講談社「Kiss」で連載中の人気コミック「東京タラレバ娘」が原作。
累計発行部数が260万部を超える大ヒットコミックです。

『東京タラレバ娘』の見どころ

「家売るオンナ」「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」と最近ヒットを飛ばしている枠です。
内容もさることながら、主演女優が人気に火をつけてますよね。今期主演の吉高由里子さんがこの流れをキープできるかどうかですね。
内容の方もリアルでアラサー女子の「あるある」が満載だそうです。
これはヒットするな。

CAST - キャスト -

鎌田倫子 吉高由里子
山川香 榮倉奈々
鳥居小雪 大島優子
KEY(鍵谷春樹) 坂口健太郎
鮫島涼 平岡祐太
芝田マミ 石川恋
鳥居安男 金田昭夫
丸井良男 田中圭
早坂哲朗 鈴木亮平

STAFF - スタッフ -

原作 「東京タラレバ娘」東村アキコ
脚本 松田裕子
音楽 菅野祐悟
チーフプロデューサー 伊藤響
プロデュース 加藤正俊、鈴間広枝、鈴木香織
演出 南雲聖一、鈴木勇馬、小室直子