大河ドラマ『真田丸』

戦国時代最後の名将・真田幸村

本名は真田源次郎信繁(堺雅人)。
天才の父・昌幸(草刈正雄)、秀才の兄・信幸(大泉洋)の背中を追いかけながら、故郷の家族と共に乱世を生き延びていくため、迷い、悩み、苦しみながら成長していく。
いつしか、覇者・徳川家康(内野聖陽)をも恐れさせる伝説の武将となった。

大坂の陣において幸村が、戦国時代最後にして最強の砦「真田丸」を作りあげるまでの物語。
「日本一の兵」とうたわれた名将・真田信繁(幸村)。だが、初めは勝気な若輩。偉大な父・昌幸の薫陶を受けて成長する信繁と、その家族の物語が始まる。

戦国中流家族「真田」の愛とサバイバルの物語

室町幕府が滅亡し、全てが白紙に戻った混沌の戦国時代。
大名から庶民まで、誰しもが日々を生きていくのに必死。
「ひらめき」「知力」「体力」「統率力」そして、「運」…。
他人とは違う何かを手にした者だけが、次の生存競争に進むことができる。
明日は誰が生き延びるのか、誰にも予見することのできない時代。

信濃の一領主に過ぎず、大きな力を持たぬ真田家は、父・昌幸の天性の勘と武略を頼りに戦国をギリギリで生き抜いていく。
その背中を見て成長していく、信幸と信繁。
兄弟でも殺し合うことが日常茶飯事の戦国時代において、彼らは最後に豊臣方、徳川方と敵味方に分かれてもなお、家族を思う気持ちを決して忘れなかぅた。
戦国時代において、真田伝説がひときわ魅力的なのは、それが家族愛の物語でもあるからです。

そんな日々を通じて、家族や仲間を助けるためには、どんな窮地にあってもあきらめない、不屈の名将・真田信繁が育っていく。
中流というべき家柄の、好奇心たっぷりの次男坊は、いつしか徳川家康をも脅かす伝説の存在に…。

脚本があの三谷幸喜といことで注目されているみたいです。
同じ戦国だし『清須会議』みたいになるのかしら?
意外に一番の見どころは、意外にもシブサワコウのCGマップだったりして・・・。

CAST - キャスト -

真田信繁 堺雅人
真田信幸 大泉洋
きり 長澤まさみ
真田昌幸 草刈正雄
高畑淳子
木村佳乃
とり 草笛光子
黒木華
堀田作兵衛 藤本隆宏
高梨内記 中原丈雄
佐助 藤井隆
徳川家康 内野聖陽
本多正信 近藤正臣
阿茶局 斉藤由貴
北条氏政 高嶋政伸
上杉景勝 遠藤憲一
室賀正武 西村雅彦
出浦昌相 寺島進
滝川一益 段田安則
武田勝頼 平岳大

STAFF - スタッフ -

脚本 三谷幸喜
音楽 服部隆之
テーマ音楽 三浦文彰
題字 挾土秀平
プロデュース 屋敷陽太郎
演出 木村隆文