『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』境界線は「人のぬくもり」

毎週楽しみにしていた『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』ついに最終回。
こういう以上犯罪系のミステリーは本当にハズレがないです。

この作品で描かれていた比奈子の闇の部分『人を殺す者と殺さない者の境界線』。
その答えもしっかりと描かれていて本当に面白いドラマでした。

ある意味、性善説と性悪説の戦いだったのかもしれません。
人の性悪な部分に襲われ続けた真壁永久(芦名星)と人の性善さに囲まれてきた比奈子(波留)。
この二人を対比することで、このドラマなりの境界線をハッキリ示してくれました。

それは「人のぬくもり」

比奈子の周りは、なんだかんだいってもいい人達ばかり。
無償の愛を注ぐ母親(奥貫薫)。
母親と同じように抱きしめてくれた石上先生(原田美枝子)。
親のように見守ってくれる厚田(渡部篤郎)。
比奈子を理解しようとしてくれる中島先生(林遣都)。
ぶっきらぼうにも刑事として比奈子を案じる東海林先輩(横山裕)。
仲間として普通に絆を持ってくれる同僚刑事達。

ラストで比奈子が永久を抱きしめるシーンがありましたが、自分がしてきてもらったことをしてあげたんですね。
もっと早くこうしてもらっていたら、永久も殺人鬼にならなかったかもしれません。
そう思って抱きしめたのなら、比奈子も普通に人の感情を持てる日が来るかもしれません。

最終回の視聴率は7.1%と振るわなかった感じがしますが、2時間ドラマで帰ってきそうですね。

全話視聴率まとめ

第1話 9.6%
第2話 9.2%
第3話 8.2%
第4話 8.8%
第5話 6.6%
第6話 6.4%
第7話 7.4%
第8話 8.5%
最終回 7.1%
平均視聴率 7.9%