謎の温泉芸者・ミヤビさんは広末涼子!『神の舌を持つ男』

神の舌を持つ男』で向井理さん演じる蘭丸が、恋い焦がれる謎の温泉芸者ミヤビさんの正体が明らかになりましたね。
第4話でついにお顔があらわになりました。ミヤビを演じていたのは、広末涼子さんです。
エンドロールにも「ヒ・ミ・ツ」と表記されていて、スタート当初から「ミヤビ役は誰?」と話題になっていました。
ネット上には、ロケ現場での目撃情報もいっぱい載っていたので、そんなに驚くことでもないかもしれませんね。
キスシーンで、覗かせる顎のラインで「広末しかいない」と正解を導く強者もいましたしね。

TBSで堤幸彦さんといえば、「ミヤビ」なんですね。
ただ、今回は「ミヤビちゃん」ではなく「ミヤビさん」。
演じてる女優さんはわかっても、それ以外は謎のままです。

  • なぜ、蘭丸とキスしたのか?
  • なぜ、蘭丸から逃げるような行動をとるのか?
  • なぜ、ミヤビさんの行くところには殺人事件が起こるのか?
  • 謎のヤクザ風の男(赤星昇一郎)は何者なのか?

ミヤビさん以外にも、謎はまだまだいっぱいありますから…。
第4話で、蘭丸と宮沢(佐藤二朗)のエピソードが少し語られましたが、光(木村文乃)との関係や、なぜ3人は行動を共にすることになったのか?その辺のことは、まだ、わかっていませんから、今後の展開に期待しましょう。
第4話で、1話完結じゃなくなりましたから、物語が大きく動いているのかもしれません。

堤幸彦さんといえば、ついつい映画化を想像してしまうボクがいます。
なんたって、構想20年ですから、期待はしちゃうんですが…、視聴率が…。

第1話:6.4%
第2話:6.2%
第3話:5.7%

神の舌を持つ男』で検索すると「大爆死」とか「黒歴史」「気持ち悪い」という言葉が踊っています。
個人的には、そんなにつまらないとは思わないですが、「TRICK」や「SPEC」に比べると、イマイチな感じは否めません。
ヤメゴク」と同じ匂いがしますが、大島優子さんのアクションシーンという見せ場があったので、まだ良かったと思います。
「この事件はこの舌が味わった」という決め台詞を言わせたいだけの設定に思えてしまいます。
隠し玉は、まだ、たくさん持っていますので、効果的に使ってほしいですね(一発目は不発に終わった感はありますが…)。
ハードルだけ上げて「何?コレ?」で終わることだけはやめて下さい。