ネタバレ オトナの土ドラ『火の粉』

ドラマ『火の粉』始まりましたね。
雫井脩介の同名小説が原作ですので、この小説がベースに進んでいくのは当然でしょう。
前クールの『ナオミとカナコ』もほぼ原作通り、その最終回は物議を醸しましたが、原作通りなんだから仕方がありませんよね。
あなたのお隣さんは大丈夫ですか?
手に汗握るスリリングな心理サスペンス『火の粉』の最終回はどうなるのでしょう?

火の粉 (幻冬舎文庫)

新品価格
¥823から
(2016/4/13 19:03時点)


ここからネタバレ

ユースケ・サンタマリアが演じる竹内は、自傷癖と歪んだ愛情表現を持つ男。
勲(伊武雅人)は引っかかるところはあるものの、必要以上にかかわらない様子。
俊郎(大倉孝二)は竹内に信頼を寄せ、尋恵(朝加真由美)にとっては良き理解者。
最初に狂気を感じ取る雪見(優香)が、竹内のターゲットになります。
元カレと繋がっているように見せかけたり、まどか(庄野凛)を虐待しているように見せかけたり…。
竹内の巧妙な策略にはまり梶間家を出ていくことになります。
そんな中、竹内の弁護士が殺害される事件が起きたり、妹夫婦が殺されたという池本(佐藤隆太)が行方不明となります。
この頃から尋恵も竹内に疑念を持ち始めます。

俊郎と竹内は竹内の別荘での休暇をサプライズで計画します。
この別荘で尋恵は池本の死体を見つけてしまうのです。
ここで竹内の狂気が爆発。そこへ、雪見と勲が駆けつける。
なんとなく現実が受け入れられず立ち尽くす勲に対し、果敢にも竹内と対峙する雪見。
俊郎が殺されそうになったところで、怒りに震えた勲が竹内に殴りかかります。

勲の鉄拳で竹内は絶命。
勲は裁判で懲役1年6ヶ月の実刑判決が下されて幕が閉じます。

隣人の狂気という「火の粉」を振り払うのが遅れたために、家族を危険な目に合わせ、実刑を受ける男の物語。
あなたのお隣さんは大丈夫ですか?