桐谷美玲が女子力ゼロのリケジョに『人は見た目が100パーセント』

フジテレビ4月スタートの木10ドラマは、『人は見た目が100パーセント』に決まりました!
主演は桐谷美玲さん。”女子力ゼロの理系女子(リケジョ)役”に挑戦します。
現代女性のリアルな心情が描かれ、幅広い層の女性から圧倒的な支持を得ている『人は見た目が100パーセント』(大久保ヒロミ・講談社)が原作となっています。

『人は見た目が100パーセント』あらすじ

製紙会社に勤務する真面目で見た目はさえない理系女子の研究員・城之内純(じょうのうち じゅん)。
「自分に自信がない」「男性にモテたことがない」「ガールズトークが得意ではない」「メイクやおしゃれもほとんどしない」「イケメンや美女には目も合わせられない」「自分の容姿を褒められたことがない」という、とにかくないないづくし。
研究に没頭し、「女子力」や「美」に背を向けた人生を歩んできたばかりに、おしゃれ偏差値が最底辺になってしまった女性です。
しかし仕事の都合から、自分は「女子」ではなく「女子モドキ」なのかもしれないということに気がつき、研究室の同僚女子2人と一緒に、流行のメイク・ファッション・美容など「美の特別研究」を始めることになるのです。
しかし、新しいファッションの研究のためにおしゃれなファッションビルに入ると、慣れないまばゆい空間にぼうぜんとして貧血を起こして倒れてしまったりと、とにかく前途多難。
果たして、彼女たちは女性たちが求める「美」を自分たちのものにして「ステキ女子」になれるのでしょうか?そして、イケメン男子との素敵な恋の機会は訪れるのでしょうか?

主演は桐谷美玲さん

主演の桐谷美玲さん演じるのは女子力ゼロの理系女子。
女子力を磨くために奮闘する役どころです。
桐谷美玲さんって、コミカルな恋愛モノやらせたら、いい味だしますよね。
確か「好きな人がいること」や「スミカスミレ」でも、恋愛をがんばる役でした。

4月から始まる、新ドラマ『人は見た目が100パーセント』で主演をつとめさせていただくことになりました!今回は、女子力ゼロの“女子モドキ”の役を演じさせていただきます。タイトルが『人は見た目が100パーセント』ということなんですが・・・、私は見た目に関していうと“清潔感”を大事にしたいなと思っています。みなさま是非応援よろしくお願い致します。

同じく女子力ゼロの理系女子の同僚に水川あさみさん

水川あさみさん演じるのは純(桐谷美玲)の同僚・前田満子。
既婚で子供もいる。
若いころは、当時流行していたルーズソックスやミニスカート、派手なメイクとイケイケのギャル。
結婚して子どもが生まれた後は、家事と育児に追われ、「美」や流行から取り残されていき、今では「妻であり、母であるが、女でない」という残念なタイプ。
イケイケの時代で止まっているため、美の知識が少しズレている。

女子力がない女子を演じるのは女としてなかなかお恥ずかしいところですが、女優としてはこれ以上ない面白味です。ファッションや美容に興味があるけどセンスがない。だけどセンスは日々磨くことができるんだよーーってな感じを楽しみつつ、女子とはなんぞや、女子とは大変な生き物だ、ということを改めて再確認して楽しめたらいいなと思います。

主人公・純が恋に落ちるイケメン美容師に成田凌さん

成田凌さんが演じるのは、純(桐谷美玲)が運命的に出会い、恋に落ちていくイケメン美容師。
実際に美容師免許を持っているという成田凌さん。ドラマ内で本物のテクニックを見せてくれることになりそうです。

美容師役は、いつか“やりたい”と思っていたので、今とてもわくわくしています。昔、美容師を目指していましたが、美容室で働く前にこの世界に入ったので、実際にお店に立ったことがないんです。今回“売れっ子美容師”役ということで、18歳の時に思い描いていた姿が、画面越しに見られるのかと思うと本当にうれしいですし、楽しみです。美容学校の同期も喜んでくれると思います。そして主演の桐谷さんはモデル、女優、キャスターなどで幅広く活躍されている印象で、今回初めて共演させていただくので、とても楽しみです。他にも魅力的な俳優の方々が出演されるので、皆さんとご一緒にこのドラマを盛り上げていけたらいいなと思っています。

原作は同名コミック『人は見た目が100パーセント』

原作は大久保ヒロミさんの同名コミック『人は見た目が100パーセント』。
2014年から女性コミック誌『BE・LOVE』(講談社)で連載されています。
作中の主人公たちを表す「女子モドキ(JSM)」というワードは、女性誌『VOCE』『with』などで特集が組まれるなど、女性から圧倒的な支持を得ている作品です。

CAST - キャスト -

城之内純 桐谷美玲
前田満子 水川あさみ

STAFF - スタッフ -

原作 大久保ヒロミ『人は見た目が100パーセント』(講談社『BE・LOVE』)
脚本 相沢 友子(鍵のかかった部屋、恋ノチカラ、脳内ポイズンベリー)
チーフプロデューサー 中野利幸
プロデュース 草ヶ谷大輔
演出 松山博昭、品田俊介